MENU

あんしんインプラント

歯の不具合に悩む方たちと
インプラント歯科医院をつなぐ
日本最大級インプラント治療ネットワーク

運営会社について

インプラント治療の流れ

1

初診と治療計画【インプラント治療についての説明と相談】

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法にも様々な選択肢があります。骨に掛かる力の方向や強さはもちろん、患者様に無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画書が立てられます。
あんしんインプラント提携医院では、初診相談を無料で行っております。より詳しくお知りになりたい方は「無料の初診相談について」よりご覧いただけます。

2

検査【病歴、健康状態の問診、レントゲン撮影】

これまでかかった病気、現在の健康状態などを検査確認します。その後口腔内検査、レントゲン撮影を行います。

3

一次手術【インプラント歯根部植立】

顎の骨にインプラント(フィクスチャー)を埋め込みます。この手術は局部麻酔で行います。簡単なものでは抜歯程度。入院の必要もありません。

4

抜糸【手術部位の確認】

一次手術後、約1~2週間ほどで抜歯をし、手術部位の確認を行います。

5

治癒期間【安静期間】

個人差がありますが、3~6ヶ月の治癒期間(安静期間)を置くことで、インプラントと骨が強い力で結合するのを待ちます。(オッセオインテグレーション)。一般的には骨の質・量とも有利な下顎で2~3ヶ月程度。上顎で4~6ヶ月程度です。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

6

経過観察【手術部位・口腔内の検診】

手術後3週間から、1ヶ月に1回程度の割合で来院していただき、手術部位、口腔内の検診をします。

7

二次手術【支柱取付】

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける支柱(アバットメント)を装着します。この支柱は仮歯や最終的な人工歯とインプラント本体を繋げる役目をします。この状態で歯ぐきが治るまで1~6週間置きます。

8

装着【人工の歯を作製・装着】

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色等は患者様に合せて作製し、インプラントに取り付けます。

9

メンテナンスと定期検診

インプラントで治療した部位に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受けてください。また、半年に一回程度の定期検診を行い、インプラントや人工の歯の状態、噛み合せを確認して下さい。

インプラントについての詳しい資料を申込む

インプラントについての詳しい資料を申込む

PAGE TOP
PAGE TOP