MENU

あんしんインプラント

歯の不具合に悩む方たちと
インプラント歯科医院をつなぐ
日本最大級インプラント治療ネットワーク

運営会社について

インプラント治療とは?

自然に噛める「第2の歯」

歯は「歯冠(表に表れている部分)」「歯茎部(歯ぐき部分)」「歯根(骨に埋まっている部分)」でできています。
歯根まで失った時にとられる処置としては、「入れ歯」や「ブリッジ」などを採用するケースがほとんど。また、そのまま放置される方も多いようです。
しかし、「入れ歯」や「ブリッジ」の場合「見た目が美しくない」「かたいものが食べられないうえ、美味しくない」「何度も作り直さなければならない」などといった問題が起きています。また欠損したまま放置した場合には、周囲の歯に大変悪い影響を及ぼします。
そこでインプラントの登場です。インプラントとは、ご自分の歯と同じように自然に噛める「人工歯根治療」のことです。「入れ歯」や「ブリッジ」とは異なり、審美性、耐久性、噛む力など全ての点において優れた「第2の歯」と言っても過言ではありません。
インプラントは長年研究が重ねられ、精度の高い治療法として国際的に浸透しており、埋め込み、骨と強固に結合させ、それを土台にして自然の歯と同じような歯を取り付けることによって、自分の歯とほとんど同じ感覚が取り戻すことができます。力強く噛め、顎の骨にもきちんと刺激が伝わるので、自然の歯のような食感、美味しさを感じることができます。
1本の歯を失った場合でも、全部の歯を失った場合でも、それぞれの症状に合せたきめ細かい治療が可能なことも、インプラントが世界的に広がりを見せている理由です。

天然の歯とインプラントの構造

天然の歯 インプラント

天然の歯 インプラント

インプラントの長所・短所

長所

  • 自分の歯と同じ感覚で食べ物が噛め、味や食感をしっかり感じ取ることができる
  • 部分治療の場合、周囲の歯を傷つけない
  • 天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がる
  • 顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できる
  • 天然の歯と同じように通常のメンテナンスでOK

短所

  • 外科手術が必要
  • 保険が適用されないため費用(治療費)が自費になる
  • 重度の糖尿病などの疾患がある場合、治療が適用できないことも

インプラントについての詳しい資料を申込む

インプラントについての詳しい資料を申込む

PAGE TOP
PAGE TOP